読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

REST APIの一般的なHTTP Status Code

www.restapitutorial.com

より

まとめると

  • 200 (OK)
  • 成功汎用。Select結果など
  • 201 (Created)
    • リソース作成など。
    • Updateのときもこれなんだろうか?
  • 204 (No Content)

    • リソース削除など。
  • 400 (Bad Request)

    • パラメータ不正、チェック不正など。
  • 401 (Unauthorized)
    • ログイン要求。
  • 403 (Forbidden)
    • アクセス・操作権限なし。
  • 409 (Conflict)

    • 既に登録済みだった、主キー重複など。
  • 500 (Internal Server Error)

    • ハンドリング不可エラー。

これクライアントでこまごま実装するのか。。ちょっと大変だな。